鮫肌対策

鮫肌 治療と原因

鮫肌 治療,皮膚 鮫肌,子供 鮫肌,鮫肌 原因

皮膚疾患の一つである鮫肌の治療と原因について、子供の鮫肌と遺伝などについて紹介しています。

 

鮫肌とは、魚鱗癬とも言い、皮膚がサメの肌のように、ザラザラになってしまう皮膚の疾患を指します。

 

鮫肌が発生しやすい場所というのは、下半身の外側や背中になります。子供は特に鮫肌になることが多く、早いと生後一年で鮫肌が発症する場合もあるようです。本来皮膚というのは、ターンオーバーによってアカとして剥がれ落ちます。しかし、鮫肌はターンオーバーの過程において、異常が生じてしまった疾患なのです。

 

鮫肌の症状としては、皮膚が乾燥し、まるで魚のウロコのようにザラザラになり、その上毛穴も乾燥する為にボツボツしたように見えます。また、鮫肌によって粉のようなアカが発生するようになることもあるようです。

 

鮫肌の原因としては、ビタミンAの不足が考えられます。ですから、鮫肌を治療する為には、ビタミンA誘導体であるエトレチネートという内服薬が有効とされています。また、鮫肌の治療薬として、サリチル酸ワセリンや尿素軟膏、へパリノイド軟膏なども使われることが多いようです。

 

その他、食品でもビタミンAを摂取することも大切ですから、レバーや卵、緑黄色野菜やうなぎ、乳製品などを摂取するように心がけましょうね。鮫肌の原因はそれだけではなく、遺伝的な要因もあるのです。遺伝的な場合には、子供の時に発症するのです。成人した後に発症した場合には、内臓疾患をも発症している場合もあるようですから、早めに皮膚科に受診した方が良いでしょう。

 

鮫肌の症状は人によって異なりますから、症状に合わせて治療薬も使い分けられるようですよ。